<戻る

 2010年首都圏統一帰宅困難者対応訓練に首都圏の各拠点が参加

各コースへ>

 9月25日、2010年首都圏統一帰宅困難者対応訓練実行委員会主催により、災害時に徒歩で自宅まで帰宅する訓練が日比谷公園をスタートして実施された。ナルクは首都圏の拠点(市川、神奈川の拠点)が参加した。また川崎・市川拠点などがエイドステーションに訓練参加者を支援する活動に参加した。

 「災害は天候に関係なく襲ってくる」 今年の訓練は厳しい風雨の中、開催された。

 都内で働くサラリーマンや家族連れなど1,926人が徒歩で帰宅する訓練に、また帰宅者をサポートするエイドステーション(帰宅支援ステーション)にも多くの方が参加した。幸い昼からは天候にも恵まれ、沿道の地域住民の皆さんの協力も得た。

 

 

 

 

 

 千葉コースに参加した市川拠点の皆さん

 

 

雨中の日比谷公園を出発(千葉コース)

数寄屋橋へ

三越から改装中の歌舞伎座へ

最初のエイドステーション築地本願寺